文鎮カエル(金)

籔内佐斗司 〜文鎮の紹介〜
作品名:文鎮カエル(金)
サイズ:H27 W50 D45 mm

限定数:なし
付属品:籔内佐斗司直筆のサイン入りの桐箱/紙箱

作品裏に作者自刻署名、箱書き付き桐箱入り。限定数はありません。ブロンズ、金箔仕上げ2種類のライナップ。カエル(金)は、金箔を箔押しして加工し作られたブロンズ(銅)です。
その他、着色をほどこしたカエル(緑)がございます。ペーパーウエイトとしても使用可能。
 
ブロンズのしっかりとした重みが、文鎮としてもの機能もしっかりとこなしてくれます。
あなたの暮らしを楽しくしてくれる、可愛い文鎮です。
「人をむかえる」「幸せをむかえる」「無事かえる」「金かえる」、「雨を呼ぶ(豊作)」、「「子宝に恵まれる(卵をたくさん産む)」など数多くの縁起を持つカエル。こちらも大人気文鎮です。




籔内佐斗司 やぶうちさとし(略歴)
YABUUCHI Satoshi

(彫刻家・東京藝術大学大学院保存修復研究室教授)
1953年、大阪に生まれた籔内佐斗司氏は、東京藝術大学および大学院で彫刻を学んだ後、同大学院保存修復研究室で、仏像の古典技法と保存修復の研究に従事した。その経験をもとにして、檜・漆・顔料などを素材とする独自の制作技法を開発し、1987年に彫刻家として独立し、創作活動を始めた。彼の作品世界を代表的するキャラクターである「童子」は、森羅万象にひそむ命の根源を象徴し、彼らを通じて仏教的世界観やアニミズム的生命観を表現しつづけている。また木彫のほかにブロンズ作品を用いた屋外彫刻やマルチプルアートなども手がけ、活動の範囲は多彩で広汎である。
そして氏が「ART FOR THE PUBLIC」と呼ぶ公共空間に設置した作品は、全国に約100箇所を数え、その数は今も増え続けている。2004年からは、東京藝術大学大学院文化財保存学の教授として、文化財保護の人材育成と仏像修復にも携わっている。
2010年に開催された「平城遷都1300年祭」の公式キャラクター・せんとくんのデザインを担当したことを機に、あらたに仮面舞踏集団「平成伎楽団」を結成。
2011年からはNHK「仏像拝観手引き」に出演、ますます活動の領域を広げている。
2013年籔内佐斗司展「やまとぢから」を全国5会場で巡回。
2014年島根県立石見美術館にて「籔内佐斗司彫刻展」を開催。
2015年-2018年にはアートフェア東京へ新作作品を発表するなど、現在も精力的に活動中。

¥ 49,500

※この商品は最短で11月13日(水)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 900円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

ショップの評価